2014/11/08取材, 技術

KOTOBUKIの水槽☆ちょっといい話

Pocket

DSC_3726
KOTOBUKIのブランドで知られる寿工芸の60㎝以上の大きな水槽のパッケージ蓋部分には、「取っ手」がついている商品もあるのをご存じでしたか?
厳密にいえば、把手ではなく把手ふうの穴、ではあるのですが。
(フレームつきの水槽にはついています)

 

DSC_3769
DSC_3772
パッケージの蓋部分をよくみると、10㎝ほどの長さの穴が4カ所にあります。
パッケージを印刷・製作する際に空けられるそうです。
「いやいや、工場の作業員が持ち運びに便利がいいと思って(笑)」(同社企画担当)
いやいや、そんなことはないでしょう~?
お店で水槽を買ったお客さんも、これなら持ち運びもラクそうです。
通販で商品を配達する宅配便のみなさんも、これがあるのとないのとでは大違い(笑)

パッケージひとつにしても、人にやさしいこだわり。
ちょっとした工夫ではありますが、こんなところにもKOTOBUKIブランドの配慮がありました。

Pocket

© copyright 2017 キワメテ!水族館 . All rights reserved.