2014/09/11取材, 専門家, 技術, 新製品

日本製水槽のこだわり

Pocket

DSC_3927
「生活ロマン創造企業」をテーマに掲げる寿工芸
「KOTOBUKI」のブランドで、水槽を中心に展開を図る国産メーカーのパイオニアです。
その前線基地となる工場が、古き歴史に彩られた奈良県天理市にありました。

 

DSC_3707
DSC_3728奈良工場は平成5年に設立。
以後稀少な国産メーカーとして、独自の製法と物流システムを確立し、全国シェアを誇っています。
高い安全性や優れたクオリティにより、一般ユーザーや販売店からも厚い信頼を得ています。

 

DSC_3841DSC_3732
ここでは、もっぱらシーリングロボットが主役です。
計3機のシーリングロボットが、正確かつスピーディーにガラスとガラスのすき間を巧みに埋めていきます。
水槽の安全性・安定性を保つために必要不可欠なシーリング。
それは同時に、アクアライフを楽しむみなさんとの信頼関係そのものだと言っても過言ではありません。

 もちろん規格品以外のオーダーメイドにも対応。
この道一筋の職人さんにもお会いすることができました。
国内では数少ない「水槽職人」のお一人。
使う道具へのこだわりや水槽づくりに対する思いなど、興味のあるお話がたくさん聞けました。
この様子は後日ご紹介します。

 

DSC_3759DSC_3827
国産メーカーだからできること。
国産メーカーにしかできないこと。
1000年以上の歴史と文化を築いてきたいにしえの都で稼働する、寿工芸奈良工場。
生活ロマン創造企業としてのメイド・イン・ジャパンのスピリッツは、これからもコトブキブランドの歴史を刻んでいきます。

Pocket

© copyright 2017 キワメテ!水族館 . All rights reserved.