2015/02/24ショップ, 取材, 告知, 淡水魚

【スポット】近藤熱帯魚店(大阪市)は限りなくアクアリウムバーだった☆

Pocket


ここは大阪駅にほど近い、とある小さな商店街の一角。
どことなく大正ロマンを思わせるアンティークな雰囲気が漂いつつ、扉には隷書で「近藤熱帯魚店」の文字が。
アクアリウムショップという雰囲気では決してないものの、ガラス越しには水槽がチラホラと。
以前から気になっていたお店でしたので、こここはひとつ勇気を奮い立たせて飛び込んでみることにしました。
エーイ!

 

IMG_2943
おおお~! 実際に店内に入ってみると、つい感嘆の声を上げてしまいました。
ほの暗い店内はカウンターのみのシンプル構造。まわりには淡水魚が悠々と泳ぐさまは、まるでミニ水族館。人間と魚がうまく共存した、ナチュラルなシーンが惜しげもなく展開されています。

 

IMG_2915IMG_29173S4A19803S4A19713S4A19503S4A19453S4A1937
 カウンターの背面にはたくさんの水槽がズラリと。ゴールデンテトラ、ヤマトヌマエビ、コリドラス、オトシンクルスなど、手頃な淡水魚が泳ぎ、よくみるとちゃんと値段も書いてありました。 ちょっと控えめに。「近藤熱帯魚店」、看板に偽りナシでした(笑)

 

3S4A20133S4A2020IMG_2954IMG_2957
 カウンターの前には水槽がひとつ、ふたつ、みっつ、全部で6つ。 前に座ると水槽と近すぎず離れすぎず、その距離感たるや絶妙です 。 さらに120㎝の大型水槽も奥にふたつ、お店のシンボリックな存在になっています。いやぁ~、これには驚きました。 
取材中も、商店街を行き交う人たちのほとんどが店内をチラリチラリ。 躊躇しないで思い切って入ってくれば~?と、つい自分のことを棚に上げたりなんかして(笑)。もう入った者勝ちです!

 

3S4A1985
早速オーナーの近藤 充さんにお話をうかがいました。 オープンは4年前。 それまでのサラリーマン生活から一念発起し開業。 東京水産大学(現東京海洋大学)時代、先輩が所有するアピストのキラキラ感に魅了されたのが、アクアリウムとの出会いなのだとか。

――――お客さんはやっぱり熱帯魚に興味のある人が多いんですか?
「比率的には半々くらいでしょうかね。
この雰囲気が好きで一人でこられるお客様もいらっしゃいますし、マニアのかたから飼育方法や水草のことを聞かれることも多いですよ」(近藤さん)
そうですよね、「熱帯魚店」ですものね(笑)
バーということを知ってか知らずか、魚だけを見にきて品定めされるお客様もいらっしゃいます。

 

IMG_2929
この日、毎月2~3回は訪れるという常連の男性客がいらっしゃいました。「立ち飲み屋などと違ってガサツな雰囲気がなく、一人でも本当に癒されます」ほの暗い店内で近藤さんと交わす会話に、アクアリウムの話題は一切なし(笑) そんな気取らない雰囲気が好きで、思わずふらりと立ち寄って以来すっかり気に入ってしまったそうです。

――――近藤さん、メンテナンスが大変なんじゃありませんか?
「1週間に一度くらいのペースで開店前に一気にやってしまうので、別に苦にはなりませんよ」
なるほど。
実は近藤さん、お店以外にもアクアリウムのリースやメンテナンスも手がけておられるとか。
だから昼間も結構忙しいんです。
メンテナンスで水槽ゴシゴシ、柔和な近藤さんとはかけ離れたイメージを抱くのは記者だけでしょうか(笑)

 

IMG_29333S4A1948
――――一番お気に入りのお魚は?
「ダイヤモンドテトラです。成長していくと、目の上にオレンジの色がつくのが特徴で、見ていて飽きないんですよ」
そういえば、いつもダイヤモンドテトラが泳ぐ120㎝水槽のそばにいらっしゃいます。

 

3S4A1919
ん?動物園? 商店街には、ネコカフェや動物の雑貨店などもちょこちょこっと。そんなオーナー同士のつながりがあるのも商店街ならではですね。

 

3S4A1981
お、楯なんかもあったりします。 消費者の目線に立った「覆面審査」によって選ばれた賞だそうですよ☆

 

3S4A1918
なかなか店に入りにくいというわりには、外に設置しているフライヤーはすぐになくなってしまうのだとか。入りにくい入りにくいって、日本人ってそんなに引っ込み思案でしたっけ(笑)?

 

3S4A19243S4A19253S4A1930
お酒だけでなく、ノンアルコールカクテルも多数。 アクアリウムの幻想的な雰囲気の中ですごす時間は格別。「お好みの色をおっしゃっていただければ、すぐにつくりますよ」。あー、お酒にではなく店内の雰囲気に酔っちゃいました~。

 

3S4A1961IMG_2951

IMG_2923

IMG_2928
IMG_2934
巨大水槽に海水魚が悠々と泳ぐ都心部のアクアリウムバーとは趣も規模も違いますが、単なる店舗の演出としてではない、アクアリウムに対する近藤さんの愛情が感じられるお店であることは確かでした。

静かにひとり飲みに興じるもよし、近藤さんとアクアな会話を楽しむもよし。お客さんのテイストに合わせてくれる、絶妙な「近藤マジック」が何よりのサービスにほかなりません。これで、もう「入りにくい」とは言わせません(笑)。
さあ、ドアを開けて【「キワメテ!水族館」でみました~】と魔法の言葉を唱えてみましょう☆

【近藤熱帯魚店】 
★大阪市北区黒崎町8-2(天五中崎商店街内)  地下鉄「天神橋六丁目」駅13番出口から徒歩7分
★06(6375)9677
★平日18時~24時、土日祝16時~24時
★琥珀エビスビール(600円)、カクテル(700円~)、ウイスキー/ワイン600円~
ホームページは近藤熱帯魚店

Pocket

© copyright 2017 キワメテ!水族館 . All rights reserved.