2018/04/06ショップ, 告知, 商品, 技術, 新製品, 未分類, 水槽

【新製品】目立たないことがイケてる防水&マグネット仕様☆KOTOBUKIの超フラットLED絶賛発売中

Pocket

それでなくてもスリムでスタイリッシュなLEDなのに、さらにさらにブラッシュアップ。

この3月にお目見えしたのが、フラットLEDのWPシリーズです。

WPとは、「ウォータープルーフ」の意味で、その名の通り防水仕様。

いよっ、待ってました(笑)!

しかも強力マグネットによって、ガラスブタ内側にも設置が可能で、今まで以上にスリム!

超スリムでありながら、高機能。          

KOTOBUKIのフラットLEDは、まだまだ進化を遂げています

 

◆さらに進化した超スリムLED

 

発売されたサイズはこの大小2種類。従来の商品名に「WP」の文字がつきました。ショップでの問い合わせの際のためにも、ぜひ覚えておいてくださいね。

写真上/フラットLED WP 4045、写真下/フラットLED WP 600

 

パッケージから取り出すとこんな感じ。カラーはスタイリッシュなシルバー。あまりにもの薄さに、本当にこれがLEDなのか、ちょっと疑ったりなんかします。

 

おお~、その差がハッキリ!従来のスリム LED(写真下)と比較すると、その薄さがよくわかります。KOTOBUKIのスリムLEDが世に出た時は、誰もが細っ!と驚いたものですが、さらにそれを上回る進化が見てとれました。

 

超薄型ナイスバディー(笑)

 

◆強力マグネットでガラスブタ内側に設置可能

 

マグネットで取り付け可能というのも大きな特徴なんです。超スリムのメリットを生かすためには、ガラスブタ裏側に取り付けるのがベスト。どんな感じになるのか、試してみましょう。

 

本体の端のところがマグネットとの設置部分。

 

マグネットをそーっと近づけてみると。。おっとっと、ボーッとしてたらパチンと引きつけられてしまいそうなほど強力です。はい、磁力に負けないように必死で持ってます(笑)。

 

ぴったりくっついたらカンペキ。これならガラスブタに直接つけても安心です。

 

◆うっかりユーザーにもうれしい防水機能

 

あらまあ、LEDがむき出し(笑)。これでも防水仕様だなんて、さらに驚いてしまいます。

 

ごらんのように、万一水を張った水槽に落としてしまっても大丈夫なんです。

 

水槽にセットしてみるとこんな感じ。これまでのLEDの常識を覆してしまいそうな、驚異的な薄さを実感できると思います。

 

水槽の正面からみたら、さらによく分かります。LEDがどこにあるのかわからない、こーんなにフラット。

 

マグネットではなく付属のリフトアップの器具を使えば、従来通りの設置方法も可能です。

 

スイッチの切り替えは3種類。ひとつはオフ、ひとつは赤と青、もうひとつは赤と青と白の全灯。わかりやすい親切設計です。

超スリムな本体、強力マグネット、そして防水機能が施されたフラットLED WP シリーズ、絶賛発売中です。

★フラットLED WP 4045(シルバー/幅384×奥行75×高さ54㎜・10W 40~45cm水槽以下に対応・ 650ルーメン)  9,000円(+税)

★フラットLED WP 600(シルバー/幅540×奥行75×高さ54㎜・17W 60cm水槽以下に対応・ 1,110ルーメン)10,500円(+税)

 

【速報☆】YouTube「kotobuki kougei チャンネル」が開設されました♪

ぜひぜひご登録を!

Pocket