2015/01/23ショップ, ユーザー, 新製品, 海水魚, 淡水魚

KOTOBUKIおすすめ商品を使ってみた☆アクアコンボ

Pocket

水槽や水草、生体はもちろん、観賞魚ショップには数多くの商品がぎっしり並んでいます。
ところがほとんどの商品がパッケージに入ったままなので、使い方がよくわかりません。
よほどの「指名買い」以外、どの商品もみな同じに見えてしまいます。
アクアリウム初心者にとっても、どれを買ったらいいかよくわからないでしょう。

ということで、パッケージやカタログではわからない具体的な商品の使い方をご紹介するのが、こちらの新シリーズです。
第1弾でご紹介するのは、LED照明とフィルターが一体化した人気商品「コンボワン」(市販中)に、専用水槽とセットになった新スタイルのオールインワン水槽「アクアコンボ」。
コンボワン同様コンパクトで簡単に取り付けができるので、初心者でも扱いやすいと思います。
何より、電源コードが1本だけで済むので見た目にもスッキリしているのが最大の特徴ですね。

 

DSC_7288
早速取り付けてみましょう。
このアクアコンボ専用水槽は、幅25㎝×奥行き20㎝×高さ25㎝(水容量10ℓ)。
もちろん海水・淡水両方可能です。

 

DSC_7289
コンボワン本体をセットする前に、専用ガラス蓋受けとガラス蓋をセットします。
取り付けといっても、水槽の上に載せるだけですけどね(笑)

 

DSC_7293
ちなみにこれがコンボワン本体。
片手で持てるほど軽量です。
大きさは幅155㎜、奥行き160㎜、高さ200㎜のコンパクト設計☆

 

DSC_7295 
コンボワンを水槽にセットすれば取り付け完了です。
コンパクトなコンボワンと専用の水槽がセットになって、これなら初心者でもすぐにアクアリウムが始められますね。
早くお魚を泳がせたくなってしまいます。

 

DSC_7296
LEDを点灯させてみました。
去年ノーベル賞で話題になったLED(笑)!
これはすべてのLEDが点灯した状態です。

 

DSC_7297
コンボワン本体は、ブルーのみが点灯するパターンもあります。
幻想的な雰囲気が簡単につくれます。タッチセンサー式のスイッチなので、手が濡れていても安心。
電源は12Vの低電圧なので省エネで安心なほか、水中ポンプの音もさほど気にならないくらい静かです。

 

DSC_7299
コンボワン上部のハッチを開くと、ココがフィルターの取付口。
ちょっとポットに似てます(笑)
フィルターが汚れても、簡単に交換できます。

 


DSC_7300フィルターは活性炭マットを使用します。
一度交換すれば2~3週間は持ちます。
もちろん活性炭マットのみの販売も行ってます。

 


DSC_73062枚の活性炭マットにより、濁りや黄ばみ、臭いを素早く吸収します。

 

aquacombo_1アクアコンボの本体価格は8,200円(税別)。
これで大事なお魚も安心。
LEDとフィルターが一体化した新スタイルオルインワン水槽アクアコンボがあれば、すぐにアクアリウムが始められますよ☆
また、写真でご説明したガラス厚6㎜以下の水槽にセット可能な「コンボワン」単品も好評発売中です(税別本体価格5,800円)。
ぜひ一度お試ください。

Pocket

© copyright 2017 キワメテ!水族館 . All rights reserved.