2020/09/04ショップ, ユーザー, 告知, 商品, 技術, 新製品, 未分類, 水槽, 油膜

【新製品】やっぱりカッコいいKOTOBUKIのレグラスブラックのサイズが大幅に追加

Pocket

KOTOBUKIといえば、レグラス。レグラスといえばKOTOBUKI。とアクアユーザーの間でも言われているくらい、今や水槽ブランドとしての不動の地位を確立しています。そんな人気シリーズに、このほどブラックシリコンのバリエーションが大幅に追加されました。「もうちょっとサイズにバリエーションがあれば。。」と、今までしびれを切らしていたユーザーも多かったはず(笑)。お待たせしました。レグラスとブラックシリコンのさらなる進化。レグラスは永遠に無敵です(笑)!

☆     ☆     ☆

◆黒が際出つスタイリッシュ水槽

KOTOBUKIの水槽といえば、レグラスやプログレ。まさにアクアリストの王道ともいうべき、この2アイテムはこれまで車の両輪のような存在でした。特にレグラスに関しては、フレームレス水槽や曲げガラス水槽などのユニークな形状が代表的ですが、何といっても120㎝水槽までラインナップされていることが最大の特徴でした。

 

一方、ブラックシリコンを業界初で採用したのもKOTOBUKIでした。“黒が際立つ。スタイリッシュ水槽”というキャッチフレーズが書かれたパッケージはショップでも際立ち、KOTOBUKIらしさの象徴でもありました。反面、商品のクオリティーが高かっただけに、さらなるサイズバリエーションを求める声が多かったのも確かです。

 

しかもサイズだけでなく、ブラックシリコンの水槽だと汚れが目立ちにくいというアドバンテージもありました。たとえばクリアシリコンの場合だと、魚病薬のメチレンブルーなどの影響で変色するというデメリットがあったからです。ブラックシリコンなら、そんな影響もさほど受けず苔が付着しても目立たないことから、少しでもきれいに水槽を保ちたいユーザーにとっては、「KOTOBUKIの水槽はカッコいい」という評価にもつながっていました。

 

◆全部で7タイプが追加発売

ということで、新登場のレグラスブラックをご紹介。サイズは全部で7種類。最もコンパクトなタイプがクリスタルキューブ200-Bで、超コンパクト。幅20×奥行20×高さ20cm 、水容量7ℓ、オープン価格(ガラスブタ・ガラスブタ受け2個付)

 

こちらはクリスタルキューブ250-B。幅25×奥行25×高さ25cm、水容量14ℓ、オープン価格(ガラスブタ・ガラスブタ受け2個付)

 

そしてクリスタルキューブ300-B。ここまでの3タイプは、いずれも立方体サイズで、ベタなどの小型飼育や苔テラリウムなどに適しています。このサイズは、インテリアアクセサリーの感覚で使う女性も多いんです。幅30×奥行30高さ30cm、水容量25ℓ、オープン価格(ガラスブタ・ガラスブタ受け2個付)

 

ここから上のサイズは立方体ではなく縦横の比率が変わります。型番もちょっと変わってレグラスフラットF-450-B。幅45×奥行30×高さ30cm、水容量35ℓ、オープン価格(ガラスブタ・ガラスブタ受け2個付)

 

レグラスフラットF-600L-B。幅60×奥行45×高さ45cm、水容量110ℓ、オープン価格(ガラスブタ・ガラスブタ受け4個付)

 

 

同じ60㎝でも奥行きがやや短いタイプがレグラスフラットF-600S-B。幅60×奥行30×高さ35cm、水容量57ℓ、オープン価格(ガラスブタ・ガラスブタ受け2個付)

 

そしてシリーズ中最も大きいサイズのレグラスフラットF-900L-B。幅90×奥行45×高さ45cm、水容量157ℓ、オープン価格(ガラスブタ4枚・ガラスブタ受け4個・センターアーム付)

 

◆3年保証の対象となったKOTOBUKIの水槽


この春、コロナの影響でやむなくテレワークや外出自粛を余儀なくされた人が多いはず。反面、この機会に水槽をリセットしたりメンテができた人も多いはず。※写真はキューブ300-B

 

コロナがきっかけで、自身のアクアスタイルを見直した人もいるのではないでしょうか。※写真はF-600S-B

 

あそうそう、大事なことを言うのを忘れてました(笑)。この6月から、KOTOBUKIの水槽に3年保証がつきました。接着部分のシリコン剥離による水漏れが発生した場合、無料で水槽を交換してもらえるシステムです(要ユーザー登録)。対象商品は、2020年のKOTOBUKI商品カタログに掲載の水槽(セット水槽も含む)で、レグラスなどのフレームレス水槽だけでなくプログレなどの枠付き水槽も3年保証の対象となります(ヒュドラは対象外)。しかも購入後1年未満ならユーザー登録もOK。これで1年保証にプラス2年の保証がついたことになり、ますます安心して水槽が使えるというわけです。

 

ショップなどですでにこのシールを見た人もいると思います。もちろんシールが貼られていなくても、上記の条件を満たせば保証の対象になる水槽もあるので要チェック!

 

業界で初めてブラックシリコンを採用したKOTOBUKI。そして今、進化を遂げようとしているレグラスシリーズ。新バリエーションは「レグラスブラック」と憶えておいてくださいね。

 

Pocket