2014/10/21イベント, 取材, 新製品, 自然

環境にやさしいKOTOBUKIの水槽物語

Pocket

IMG_1761
アジア最大のガーデン展といわれる「国際ガーデンEXPO」に行ってきました☆
このイベントは国内はもとより世界中から注目され、今回も園芸や造園に関する情報や新製品が幕張メッセに集約。
もちろんアクアリウムに関する展示もあり、多くの来場者でにぎわっていました。

そんな中でちょっと目を引いたのがコレ。
国内水槽メーカーのパイオニア・寿工芸の商品「レグラス ポニックス」。
え?初耳?
そりゃあそうでしょ、まだ販売されてませんから(笑)

それでは早速ご紹介しましょう。
「レグラス ポニックス」では、水槽の中でお魚を飼育しながら、観葉植物も同時に飼育しようという新しいスタイルのアクアリウムです。
しかも二槽式の構造になっていて、立体的なつくりになっているのが特徴です。

IMG_1768
ん?わかったようでわからないって(笑)?
でしょうね~。
では説明を。

お魚には必ず排泄物がつきものですよね。
観賞魚飼育では、その排泄物をフィルターでろ過し飼育水を循環させるのが一般的です。
ところが「レグラス ポニックス」では、お魚の排泄物がそのまま観葉植物の栄養分になるんです!
それだけではありません。
排泄物を栄養素にして育った観葉植物は、自身で浄化した水を水槽内に戻してくれるという仕組みなんです。

水の循環POP  (1)

 

わかりますか~?
要するに、ひとつの水槽の中で【自然循環】が行われ、お魚と観葉植物が見事に共存できる仕組みです。
もちろん飼育するお魚の大きさや匹数にもよりますが、水槽の中に小さな地球が生まれたのと同じことになります。
そして飼育の手間も大幅に軽減されるというわけです。
これなら、ご主人はアクアリウムを、奥様は観葉植物を、という楽しみかたもできますね。


IMG_1771アクアリストにも地球環境にもやさしい、本格的な「レグラス ポニックス」☆
 ぜひみなさんのご家庭にも【地球】をどうぞ。
「レグラス ポニックス」。
今から発売が楽しみです☆

Pocket

© copyright 2017 キワメテ!水族館 . All rights reserved.